思わず人に話したくなる風俗の歴史

日本の性風俗のはじまりとは

世界のおける性風俗の歴史といえば紀元前のギリシャからはじまったという説は非常に有名ですね。
海外においてはとんでもない長い歴史を持った職業であり、一説には世界で初めて生まれた職業であるともいわれています。
そんなときに日本の昔では性風俗というのはどういったものだったのだろうということが気になってきます。
日本における性風俗の歴史としてはいろいろな説がありますが、ひとつの説としているのは巫女さんが性風俗のような行為をおこなっていたという説があるのです。
今の時代では処女でなければ巫女さんにはなれないといわれているのになぜ昔では巫女さんが性風俗のようなことをする必要があったのかというと、エッチな目的ということではなくて、神に仕える巫女との性交をすることによって神との交流ができるとされていて、男性は髪に近づきたいという思いで巫女との性行為にいたったというのがひとつの説としてあるのです。
そして、当時では、この行為にお金が発生するということはなかったといわれているので、純粋に神との交流という意味での行為であっ後言うことができるのです。
このように日本における性風俗のはじまりというのはかなり以外な所から始まったといってもいいものなのです。

日本の性風俗の文化がはじまったとき

現代のすぐれた風俗店があるこの環境は、現代までの数々の性風俗の歴史が会ったからこそ今の姿があると言っても決して言い過ぎなんてことはないのです。
まず、日本の性の文化が花開いたのは何時の時代なのかというと、結構お多くの人が戦後バブル以降のことなのかと思われている人が多いのですが、実は日本の性風俗の文化が花開いたのは実に数百年も前の江戸時代のことになるのです。
いまでは誰もが簡単に利用できるデリヘルも増えて、練馬風俗求人いちごナビを見るとほとんどがデリバリーヘルスなんですよね。
ではどうして江戸時代に性風俗の文化が花開いたのかということが気になってくるわけですがそれには日本の歴史が大きく関わっくるわけです。
日本は江戸時代を迎えるまでは各国、今で言う県ぐらいの単位で戦を繰り返していました。
その影響から、風俗店のようなことが制限されており、性風俗の文化が発展するようなことはなかったのです。
当時は個人単位での売春みたいなことはあったようですが、結局それくらいだったのです。
そして時代は江戸にはいります。
江戸時代といえばみなさんが歴史でならったとおり実に300年もつづく日本の歴史のなかではもっとも長い時代となります。
この間に戦というものはほとんどなく非常に平和な時代がやってきます。
その平和が女性たちの安心をもたらし庶民も武士も娯楽を楽しめる余裕がでてきて性風俗の文化が花開いたというわけなのです。

日本の風俗が花開いたとき

最近は風俗嬢も可愛いコが多いです。そして素人というか普通の学生さんなんかが多く働いていて驚きますよね。
先日、熊本に行って風俗店の求人の現状を聞いてきたのですが、やはり熊本風俗求人いちごナビから応募してくる女の子は素人が多いそうです。やはりインターネットで求人を探すんですね。
さて、ここ日本においては様々な風俗店を楽しめるわけですが、こういった風俗店がたくさんある背景には日本の歴史がふかく絡んでくるといっても決して言い過ぎなんてことはないです。
とくに日本の風俗の歴史にてもっとも大切な時代というのはなんといっても戦後の昭和の時代です。
江戸時代においても遊郭があるなど風俗店が広がる基礎があったといってもいいのですが、まだ江戸時代の遊郭と現代のつながりというところまでは見出すことができるまでにいたっていません。
では、戦後の昭和時代に日本の風俗店に何がおこったのかということをお話ししたいと思います。
戦時中の日本というのは戦争に全勢力を傾けていたため風俗店なんていう娯楽がなかった時代が長い間つづきました。
そういった反動から戦争がおわった戦後にはいろいろな風俗店が発展していきました。
ストリップなんていうのがはじまったのも戦後の昭和中期の頃だったといわれています。
そんななかで現在の世の中につながる絶対的な決め手は日本のバブル経済期でした。
バブル経済期のものすごいお金が男性の欲望に火を付けてそのお金が風俗店の発展につながっていきました。
このようなとんでもないお金が有り余った時代に、日本の風俗業界というのは花開いたといっても過言ではありません。